ローパーテーション

オフィスで働く環境を整備することは、来客のある企業にとっては来客する人に配慮できることはもちろんのことですが、働く人にとっても非常に重要であるといえます。オフィスの環境が整っていなければ、働きづらいと感じる場合や、作業効率も落ちてしまう可能性があるのです。しかしながらオフィスの環境を整えるのは非常に難しいことです。オフィスで働く人というのは必ずしも同じ部署があり、同じ人数で働き続けるというわけではありません。長年運用していく企業であればあるほど時代の流れとともに人数や部署をその時代によって変化させ、ニーズに合わせて適応させることでより効率的な運営を行っていくことができるためです。しかしオフィスをその都度移転や改装することは難しくあります。そこでおすすめするのがローパーテーションを取り入れ、オフィスを変化させていくことです。

ローパーテーションをオフィスで使用するメリットとは

新しい部署ができたため、部署ごとにまとまりをつけたい場合や、来客があった場合に、作業スペースや収納スペースをお客様から見えないようにしたいといったようなオフィス内の多少のレイアウト変更に対してローパーテーションの使用がおすすめです。ローパーテーションを使うことで大規模なオフィスの改装を行うことはできませんが、多少のレイアウト変更を簡単に行うことができます。ローパーテーションは工事などの必要がなく、置くだけで使用することができ、レイアウト変更を何度でも行えることがメリットです。またローパーテーションは座ることで目線を遮ることができますが、立てば目線を通すことも可能であるため作業に集中しやすいうえ、オフィス内で使用しても圧迫感が少ないため狭いオフィスでも取り入れやすいのがメリットであるといえます。

オフィスで使用できるローパーテーションの種類とは

オフィスでローパーテーションを取り入れたい場合にどんなものを取り入れたらよいのか迷う場合も多いでしょう。一口にローパーテーションといっても実は様々な種類があります。例えばデスク一つ一つにたてるローパーテーションです。これは一人ひとりの作業スペースを確保しつつ、人からの視線を気にすることなく作業することができるため、個人で作業する時間が長いという企業におすすめです。また床に置き、ついたてのように設置することのできるローパーテーションもあります。これは組み合わせることで複数のデスクをひとまとまりにすることができ、部署ごとで区切りたい場合におすすめです。また模様も木目調のものやホワイトのものがあったり、圧迫感が出来る限りないように上下部分は透明になっているものがあったりするため使用目的にあったローパーテーションを選ぶとよいでしょう。