ローパーテーション

オフィスデザインをするときに、広い空間を手軽に間仕切りすることができるパーテーションを取り入れる企業も多いでしょう。一言でパーテーションといっても種類が数多くありますが、その中でもローパーテーションは個人での作業に集中しやすいなどのメリットがあり、自社でも取り入れたいと検討している方も少なくないでしょう。しかし、ローパーテーションにもさまざまな種類があり、パーテーションの高さはもちろん、素材や機能も多くてどれを選ぶのが正解なのか悩んでいることはありませんか。自社に合ったローパーテーションの種類とはどんなものなのか、どのような機能を取り入れることで、効率的に仕事を進めることができるのかなど、今回はオフィスに取り入れたいローパーテーションについて見ていきましょう。

ローパーテーションにも種類がある!

さまざまな種類があるローパーテーションですが、どのような種類があり特徴があるのでしょう。ローパーテーションには1000mmから1800mm程度の高さがあり、どの高さのローパーテーションを選ぶかによって用途が変わってきます。1000mm から1650mm程度の高さのパーテーションは、デスクの周りに設置することでワークスペースを間仕切りすることができ、個人の仕事を集中して行うことができます。また、1200mmから1650mmの高さのローパーテーションであれば、座っているときに目線を下げることができるので仕事に集中でき、立ち上がれば周りの人とコミュニケーションをとることができるため、仕事の効率を上げながら周りの様子も確認することができ、便利な間仕切りともいえます。

ローパーテーションの機能も確認しよう!

ローパーテーションには高さだけでなく、機能を知って取り入れることで、快適なオフィス造りをすることができます。例えば、布張りのパーテーションを取り入れれば、オフィスデザインを変更するときに手軽に変更することができるため、わざわざ業者を呼んで変更しなければならないということはありません。また、パーテーションのカラーを選ぶことで、オフィス全体の雰囲気を落ち着いたものにも、暖かみのある物にも見せることができます。サイズや素材以外にも、防臭や抗菌機能のあるローパーテーションもあります。オフィス内には多くの人が働いているため、喫煙者の人の臭いが気になるなど人の臭いに敏感な方もいます。そういったときには防臭機能が付いたローパーテーションを取り入れるなど、機能にも注目して取り入れるといいでしょう。