コルギとマッサージの大きな違い
2017.05.23

女性コルギとマッサージは、手技を使ってトリートメント施術を行います。2つのお手入れは、血行を促進して、体の中の老廃物を排出する作用があります。余分な老廃物を促す事で、新陳代謝が促進され、美容・健康に良い効果をもたらします。どちらもよく似ている2つのお手入れですが、コルギとマッサージの大きな違いは、”骨”に圧力を加えていく点です。コルギは表参道・青山などの人気サロンでは、小顔で立体的な顔を作る事から、彫刻美容とも呼ばれています。骨と筋肉を同時にアプローチする施術のため、骨格の歪みを整え、本来の正しい位置に骨格を戻します。代謝機能に加え、筋肉がバランス良く使われるようになるため、即効性が高く小顔効果が大きい美容法として人気を得ています。

そして、マッサージは、皮膚や筋肉部分に圧力を加え、血液やリンパの流れを改善します。新陳代謝が促進されるため、神経や筋肉機能が盛んになり、体のコリや疲れをほぐす事ができます。マッサージの歴史は古く、最も古い健康治療法の1つで、東洋医学・西洋医学ともに取り入れられてきました。コルギは、韓国から発祥した民間療法で、日本では2006年頃からブームが起きています。歴史としては、マッサージの方が遥に長く、医学的にも多数効果が認められているため、鍼灸・あん摩マッサージ指圧師など、いくつかの国家資格が存在します。コルギは、国家資格がないため、施術スタッフによる技術の差が大きいというデメリットがあります。そのため、コルギ施術を取り扱う優良サロンでは、デメリットや不安点を解消するために、国家資格を持つスタッフによるマッサージトリートメントを組み合わせたメニューを用意している事もあります。コルギ+マッサーを組み合わせた施術は、相乗効果が得られるため、美容・健康効果も高まります。

それから、コルギと似た施術の中には、小顔矯正があります。小顔矯正では、コルギよりも骨格の歪みを整える事に重点を置いています。正しい位置に骨格を戻す事で、代謝促進や老廃物の排出作用を高める事が可能です。ただし、小顔小顔矯正の場合は、マッサージの施術が含まれません。そのため、リラクゼーション効果が低いという違いがあります。コルギは、いわばマッサージと小顔矯正の良い点を取り入れたハイブリットな美容施術とも言えます。コルギ、マッサージ、小顔矯正。3つの施術内容や効果の違いを把握して、自分の目的に合わせたメニューを選ぶようにしましょう。

▲ ページトップへ